トップページ > 診療科・専門外来 > リハビリテーション科

診療科・専門外来のご案内

リハビリテーション科


【リハビリテーション科入口】

リハビリテーション認定施設

脳血管リハビリテーションⅠ
運動器リハビリテーションⅠ
呼吸器リハビリテーションⅠ
心大血管リハビリテーションⅠ
がん患者リハビリテーション

スタッフ

部長 川口敦司
リハビリテーション科責任者 舟木一夫
理学療法部門責任者 浅井敏幸 理学療法士10名
作業療法部門責任者 木下大輔 作業療法士4名
言語聴覚療法部門責任者 中島美由紀 言語聴覚士3名・歯科衛生士1名

多い疾患

  • 脊椎疾患、脊椎外科手術後の理学療法、作業療法
  • 脳血管疾患の急性期リハビリテーション
  • 大腿骨頸部骨折など骨折術後のリハビリテーション
  • 術後の呼吸理学療法、COPD等慢性呼吸器疾患に対する呼吸リハビリテーション
  • パーキンソン病等神経難病に対するリハビリテーション
  • リウマチのリハビリテーション
  • 運動器不安定症、廃用症候群など運動機能改善のための理学療法、作業療法
  • 失語症、高次脳機能障害、嚥下摂食機能障害に対する言語聴覚療法
  • 糖尿病の運動指導
  • 心臓疾患に対するリハビリ
  • がんに対するリハビリテーション
  • 音声治療

早期の家庭復帰、社会復帰のため入院患者さんのリハビリは土日曜・祝日も実施します(週6日間行っています)。外来のリハビリも実施しています。

理学療法部門

理学療法とは,検査,測定/評価に基づき,何らかの疾病,傷害(脳卒中などの中枢疾患、骨折・スポーツ障害などの整形疾患、呼吸器疾患、心臓疾患、糖尿病、がんなど)に起因する機能・形態障害に対して運動療法による筋力,関節可動域,協調性といった身体機能の改善を図ります。また、温熱,水,光線,電気などの物理療法による疼痛,循環などの改善も図ります。
能力障害が残ったとき,基本的動作や日常生活活動を改善するための指導,そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなどがあります。近年では,生活習慣病(糖尿病、メタボリックシンドロームなど)の予防,コントロール,障害予防(転倒予防など)も理学療法の対象になっています。
当院では、骨折術後、脊椎手術、脳血管疾患等に対して早期から起き上がり、立ち上がり、歩行などの日常生活動作訓練を行う事により、機能回復をはかり、自立した在宅生活を送れるような運動指導も行っています。
現在、当院では8名の理学療法士が在籍しています。

作業療法部門

作業療法とは、何らかの疾患・傷害に起因する機能障害に対して、作業活動を用いて機能の回復・維持を図るものです。身体機能を評価したうえで、物品や道具(下の写真)を使用しながら治療します。手工芸などの作品作りも治療として行います。その他、日常生活に必要な動作(食事・更衣・整容・トイレ・入浴・家事など)の訓練を実施し、退院後の生活に結びつけています。
当院では、脳血管疾患(脳卒中による片麻痺など)、整形外科疾患(手の外傷・骨折・脊椎疾患)を主に作業療法を実施しています。脳血管疾患による片麻痺の方に対して、麻痺側の随意的な動きを促す訓練や生活動作訓練を回復段階に応じて行います。整形外科疾患の方に対しては、関節を動かす訓練や筋力訓練を行います。また、症状の改善や生活動作に必要な手の簡易装具(手のスプリント)の作成もしています。
現在、作業療法士は3名在籍しています。

言語聴覚部門

コミュニケーションや食べることに障害を持つ人々の言語や聴覚、摂食の機能の獲得・回復・維持を支援し、最終的に『QOL』(生活の質)を高めるために行われるリハビリテーションや療育の一領域です。家庭や学校・職場での社会的不利の軽減を図るため、家族、教師、職場の上司や同僚にさまざまな助言や指導を行うことも含まれています。
ことばによるコミュニケーションの問題は脳卒中後の失語症、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。このような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行います。
当院は、成人の言語・コミュニケーション、摂食・嚥下を対象としており、摂食・嚥下障害患者のリハビリテーションが大部分を占めています。 現在、言語聴覚士は3名在籍しています。

こんなリハビリをやっています。



リハビリテーション科に咲くサボテンの花
一年に一度、花を咲かせます。
花言葉は「熱情」「偉大」「内気」「暖かい心」