トップページ > 診療科・専門外来 > 人工透析内科(血液浄化センター)

診療科・専門外来のご案内

人工透析内科(血液浄化センター)

診療科の特色

人工透析室は当院診療棟の3階にあり、計17床の透析ベッドを有しています。 スタッフは、腎臓内科医師1名、泌尿器科医師1名、看護師4名、臨床工学技士4名、事務員1名で構成されています。 最近の公立病院では数少なくなってきた、外来維持透析業務にも携わっており、平成27年末現在で、33名の血液透析患者様と1名の腹膜透析患者様(泌尿器科)が通院しておられます。 月・水・金は午前・午後の2クール、火・木・土は午前の1クールの枠があり、通常の外来維持透析業務に加え、新規透析導入、あるいは合併症で入院中の透析患者様の治療も行っています。

診療科のPR

腎臓内科医師と泌尿器科医師が協力して治療を行っています。 血液透析だけではなく、総合病院の透析室として、様々な種類の血液浄化にも対応可能です。末期腎不全に対する透析導入はもちろんのこと、敗血症症例に対するエンドキシン吸着、あるいは手術後や重症症例における急性腎障害症例に対する持続血液透析濾過療法、異常蛋白血症に対する血漿交換療法、炎症性腸疾患に対する白血球除去療法などを、外科、消化器内科などと連携しておこなっています。

平成27年度実績
血液透析数 のべ 6223 例
新規血液導入数(急性腎不全を含む) 42 例
白血球除去療法(LCAP)  6 例
腹水濾過濃縮療法   2 例
持続血液濾過透析療法 2 例

担当医

区分 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 杉山 後藤 杉山 杉山 (交替制) (交替制)
午後 杉山 杉山 杉山 杉山 後藤  

スタッフ紹介(専門医・学会等紹介)


杉山 昌史

部 長

卒業年

平成6年

認定医・専門医等

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医

所属学会

日本内科学会、日本リウマチ学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本アレルギー学会、日本臨床リウマチ学会、臨床免疫学会


後藤 高広

部 長

卒業年

平成9年

認定医・専門医等

日本泌尿器科学会指導医・専門医

所属学会

日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本癌治療学会

主な職歴

岐阜大学病院、岐阜市民病院、木沢記念病院、岐阜県総合医療センター、松波総合病院

リンク

日本透析医学会  http://www.jsdt.or.jp/